タグ:故事成語

論語 為政第二 4~吾れ十有五にして~

論語 為政第二 4 「子曰く、 吾れ十有五にして学に志ざす。 三十にして立つ。 四十にして惑わず。 五十にして天命を知る。 六十にして耳従う。 七十にして心の欲する所に従って、矩を踰えず。」 子曰く、 「私は十五歳のとき学問に志を立てた。 三十歳になって、その基礎ができて自立できるようになった。 四十歳になると、心に迷うことがなくなった。 五十歳になって、天が自分に与えた使命が自覚できた。 六十歳 […]

言志四録 言志晩録 第60条~少にして学べば、~

言志四録 言志晩録 第60条より 「少にして学べば、則ち壮にして為すこと有り。 壮にして学べば、則ち老いて衰えず。 老いて学べば、則ち死して朽ちず。」 少年のときに学んでおけば、壮年になってから役に立ち、何事かを為ことができる。 壮年のときに学んでおけば、老年になっても気力が衰えることはない。 老年になっても学んでおけば、ますます見識も高くなり、 社会に役立つこととなり、死んでからもその名は残る。 […]

菜根譚 前集 32項より~卑きに居りて而後~

菜根譚 前集 32項より 「卑きに居りて而後高きに登るの危きを知る。 晦きに処りて而後明るきに向うの太だ露るるを知る。 静を守りて而後動を好むの労に過ぐるを知る。 黙を養いて而後言の多きの躁たるを知る。」 低い所に居るからこそ、高い所に上るのだろうが、危険をわきまえておくこと。 暗い所に居るからこそ、明るい所に出るだろうが、でしゃばりをわきまえておくこと。 静けさを守っていたからこそ、動きたくなる […]

論語 里仁第四 25~徳は孤ならず~

論語 里仁第四 25 「徳は孤ならず 必ず隣あり」 報いを求めず陰徳を積んでいる者は、決して一人ぼっちでは無い。必ず思わぬところにこれを知る者がいるものだ。 あなたの理念、熱い想いを鏡に現す~立志鏡ホームページ http://onessmile.com/rissikyo/ 株式会社One’s Smileオフィシャルページ http://onessmile.com/